ホーム » 解決策

★プロバイダを変えて速くなる?

Photoxpress_4662253.jpg

ネットが遅い多くの原因として
Bインターネット回線の問題(各プロバイダの回線状況等)
がある、ということを前のページで説明しました。


この内容をおさらいすると・・
原因【1】
→プロバイダの会員数が多すぎて回線がパンク気味になっているから。
原因【2】
→インターネット全体のデータ量が増えているので
「帯域制限」・「通信制限」をプロバイダ側で実施し、
 一人一人の回線をちょっとづつ遅くしているから。



大手だから安心♪と思っていたら以外に遅い!遅くなってきた!
と感じている人は多いのではないでしょうか?
フレッツやOCNも意外に遅いとよく聞きます・・


じゃあ、速いプロバイダってあるのか?
ということですが、あります!


これは最近出てきた回線で、かなり人気があるのですが、
「ワイマックス(WIMAX)」という無線のインターネット回線です。

イーモバイルも同じ無線のインターネット回線なので、
ワイマックスと同じ位置づけになります。


速い理由ですが、
■最近でてきた回線なので加入者が、他のプロバイダと比べまだ少ない
 ため回線に余力がある。
■周波数帯域を細分化して、細分化した電波に高速なデータを乗せて
 送受信する方式を採用している。

があげられます。
2点目はちょっと難しいのですが、他の回線よりも、通信方式が技術的に
優れているので、ちょっとやそっとじゃ遅くならない、という理解でOKです。

通信速度は下り(受信)最大40Mbps、上り(送信)最大15.4Mbps
となっていて、光回線の実速度とほぼ同等の速度がでます。



さらに、コレがポイントなのですが、帯域制限・通信制限なし
なのです。



先ほど原因【2】のところで
「帯域制限」・「通信制限」をプロバイダ側で実施し、
 一人一人の回線をちょっとづつ遅くしている」と書きました。

でもワイマックスは「帯域制限」・「通信制限」がないので、
遅くならないのです!


ちなみに、これも先ほどの高度な通信技術のおかげで可能になっています。



以上をまとめると
ワイマックスは以下の理由から速いのです。
・回線にまだ、余力がある
・高度な通信方式を採用
・帯域制限・通信制限なし



・・ちなみに
ほとんど同じ通信方式のイーモバイルよりも
ワイマックスをすすめる理由としては
契約年数がイーモバイルは2年、ワイマックスで1年、だからです。

(※ワイマックスでも最近は2年契約の会社がでてきた注意ですが
このサイトでは1年契約のサイトを紹介しています。)

イーモバイルは2年未満で解約すると解約金
を取られてしまいます!

ワイマックスは契約後、1年たって、継続するか、辞めるか選べるので
2年待たずに判断できます。
そこでまた、新しい回線に乗り換えてもよいですし。


・・で、結局ワイマックスはどの会社と契約すればよいのでしょうか?
基本的に回線自体は本家のuq wimaxのものをどの業者も使っています。

なので速度については、違いはありません。
基本料金についても3800円前後が多いです。


何が違うかというと、「キャンペーン内容」と「契約期間」が異なります。

端末代が0円だったり、さらにはキャッシュバックまでしてくれる
会社があります。





タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。